都心マンションの便利な生活

バブルのころは・・・[男性 38歳]

都心マンションの便利な生活
バブルのころは、百貨店の進出も計画されていたようなターミナル駅の一等地が、その後の値崩れによって、土地の活用法が大幅に変更されるようになっています。
駅前というのは、とても交通アクセスに便利な場所です。

しかし実際に生活をするとなると、そのために必要となるものは簡単にそろえられるものの、どこかリフレッシュできる空間が少なくも感じられます。なんといっても都心には緑が極端に少な過ぎるので、気持ちを切り替えたい時などにはあまり向かないようなこともあります。
駅前にマンションを生活の拠点というよりも、仕事のための事務所として購入しています。交通の便がいいというのは、来客を迎え入れやすいということでもあり、商談を進めやすくもなります。
どうしても仕事には波がありますから、忙しい時は生活の場として、寝泊りも自由にできるので、疲れを残さずに仕事に迎え、家庭と適度の距離を持っていられるのはとても都合のいいことになっています。

関連キーワード



Copyright(c) 2017 都心マンションの便利な生活 All Rights Reserved.