都心マンションの便利な生活

私は田舎の一軒家暮らしなので・・・[男性 34歳]

都心マンションの便利な生活
私は田舎の一軒家暮らしなので、都心のマンションの生活については想像でしか思い浮かべる事ができませんが、以前に何かの雑誌か情報番組で見た事でなるほどと思った事があります。
それは田舎の方では若者が都会へと出て行き、お年寄りが大部分を占める過疎地が増えてきていますが、実はお年寄りこそが都会で生活をするほうがいい、という事でした。
規模にもよりますが、田舎は基本的に移動するには車を利用します。病院や買い物に行くにしても、お年寄りはバスやタクシーで行く事がほとんどです。
車を運転しているお年寄りもいますが、事故が多いのも事実です。
一方、都心マンションでは、病院の近くにある所に住めば、店はコンビニならばすぐ近くにあるでしょう。
田舎ではご近所付き合いがあると思われがちですが、必ずしもそうではありません。一軒一軒が離れているような地域では、独居老人では何かあった時に気が付いてくれる隣人などいない場合が多いでしょう。都心にそういったお年寄り専用のようなマンションがあれば、そういった不安も軽減され、田舎に比べて便利に暮らせるのではないでしょうか。
そして、若者は田舎に引っ越し、仕事をする。一昔前と違い、今はインターネットが普及していますので、必ずしも都会でなくてはできない仕事というものばかりではないでしょう。そうなれば過疎化にも歯止めをかけられ、バランスのとれた地域生活が送れるようになるのではないでしょうか。


Copyright(c) 2017 都心マンションの便利な生活 All Rights Reserved.